水分をとって脇の臭いもとる!

ワキガ対策水分

普段から水分をあまり取らなかったり、汗をあまりかかない人は、いざ汗をかいたときに臭うって事があるかと思います。特に脇??臭うと自分も気になるし、周りの人も気になるものです。

 

汗をかいて身体のなかの悪いもの(ニオイのもと?)を外に出さないと、ニオイはどんどん強くなるばかり…何とかして出す必要があります。しかし、汗をかきにくい体質の人もいますよね?新陳代謝が悪いと運動しても汗があまり出なかったりします。

 

そんな時は汗ではなく違うもので出せばいいのです。そうです。汗が出ないならおしっこを出せばいいじゃない??汗は出なくてもトイレには行きますよね?全く行かないって人はいないはずです。もしいたらそれは病院に行った方がいいかもですね。

 

とにかく、尿と一緒に悪臭の原因も出しちゃえば、脇のニオイも気にならない!という寸法です。という事で、水分をとりましょう。調べたら水は1日2リットルは飲んだ方がいいみたいです。

 

2リットルって、普段から水分をとらない人間にしてみたら結構な量ですが、一気にとらなければいけないという事ではないので、こまめにとればなんとかいける量かと思います。ですが、人によっては水分のとりすぎで浮腫みの原因になってしまう場合もある様なので注意が必要です。

 

脇のニオイが気になる人は水分を意識するといいかもしれません。

 

自分が臭いと感じた時

ワキガ対策水分

私はどちらかと言うと汗っかきで、職場も比較的事務仕事より移動の多い状態です。自分の匂いなので気づきにくいはずですが、ふとした時に自分からなんとも酸っぱいような匂いがした時には内心穏やかではありません。

 

できるだけ隅に逃げて他の人と関わらないようもとい、他の人に匂いを気付かれないようにそそくさとトイレに逃げ込みます。

 

肌も弱いので市販のいい香りのするデオドラントスプレーも、消臭効果の高い商品も肌トラブルの元なので使用できない私が頼りにしているのは、赤ちゃん用おしりふきです。

 

肌に優しく、かつ汗をしっかりと拭き取ることができるおしりふきが今の私の必需品です。トイレの個室内でバレてないように祈りながら一生懸命汗を拭き取っています。

 

勿論着替えることができればいいのですが制服の支給や職場内でのクリーニング体制のため、こまめな着替えができないので消臭スプレーを念入りにかけています。更衣室で誰もいないと「今日の私臭くなかったかな」と匂いをかぐこともあります。

 

自分で気づきにくいぶん、より一層気を使わないといけないのが体臭だと思います。肌に優しく、かつガッツリ消臭効果のあるデオドラント用品が一日も早く販売される日を願っています。

 

ワキガ手術前に知りたいことまとめ【完全版】
腋臭の人へのおすすめデオドラント