腋臭の人へのおすすめデオドラント

私がワキガに気づいたのは中学生の頃でした。体育の時間や、休み時間に運動をして、汗をかくとシャツの中から異常なくらいの、臭いにおいがしてきます。それは脇からしてくることに気づきました。

 

最初は、濡れタオルなどで、汗を処理して対処していましたが、時間がたつと、またにおいがしてくるのでとても悩んでいました。周りの友人たちが、デオドラントスプレーを使用しているのを見て、使い始めましたが、汗をかくと逆にベタベタして、気持ち悪く、汗かき体質の自分にとっては、ワキガ対策をあきらめていました。いろいろとスプレーを変えて使用しているうちに、資生堂のAG+というデオドラントスプレーに出会いました。こちらのスプレーに関しては、無臭ですが、スプレーすると、わきのみならず、体全体がさらっとして、不快な気分になりません。

 

また、後で汗をかいても、さらっとした感じがキープされています。汗をかけば基本的には、ウエイトティッシュなどで汗を拭きとりますが、その後にまた、スプレーをすると、体全体がさらっとして脇のにおいも気にならなくなりました。においのきつい人にもお勧めできるスプレーだと思います。香り付きのものもありますが、無香料なものをお勧めします。

 

会社にワキガの人がいます

会社にワキガの人がいます。しかも隣の席です。本人は全然気にしていないので気づいていないみたいです。その人は女性だけど、私より年上なのでなかなか失礼なことは言えません。

 

ただかなり強烈な臭いなので、真夏は苦しいくらい臭いです。他の人も、なるべくその人から距離をとろうと机や椅子を離しています。本人も臭くなりたかったわけではないと思うので可哀想ですが、臭いものから離れたいという人間の本能には勝てません。

 

なぜ今まで気づかなかったのか疑問です。家族は誰も教えてあげないなでしょうか。もしワキガだと気づけば、今ならワキガを治すこともできるらしいので勿体ないです。ワキガの人が可哀想なのは、臭いというだけで人間関係まで変化してしまうことです。

 

その人が嫌いなわけでもないのに、ワキガというだけで距離をとってしまいます。仲の良い人たちで飲み会に行くときも、臭いといのを理由に誰も誘いたがりません。真冬ならまだ良いかもしれませんが、真夏の時期は隣で食べ物も食べる気にもなりません。

 

この前更衣室でその人が制汗剤を使っているのを見ました。ワキガは制汗剤でも効果がないようです。それで抑えられるなら誰も苦労はしないかもしれませんが。治療してもらった方が今後のためにも良いと思います。

 

TOP⇒ワキガ手術前に知りたいことまとめ【完全版】