ワキガ対策に香水はよいのか

ワキガ

ワキガの香りは何とも表現がし辛いです。
しかし、良い香りと感じる人も実はいます。そもそもフェロモンの一つですから、既にマイノリティではありますが、そうした人います。

 

ですが、大抵はそうでない以上、何らかの対策をしたほうがよいです。周りに迷惑をかけることになるからです。
対策の方法としてよく挙げられるのが香水です。

 

元々、香水自体、体臭を誤魔化すために生まれた道具であるわけですが、これは微妙にお勧めできないです。

 

臭いを打ち消すのではなく、上塗りするからです。つまりは、交じり合う可能性があり、余計に複雑な嫌な香りとなる可能性も捨て難い点があります。

 

消臭効果ではなく、香りを上から重ねるとなりますとさすがにリスキーといわざるを得ないです。
ワキガ対策に香水をしている人はよくいます。確かに非常にやりやすいことですし、手間も大したことはないです。

 

しかし、そもそも香水自体の臭いも迷惑な可能性もありますし、決して一概にお勧め出来るような行為とはいえないです。

 

では、どうすればよいのか、といえば消臭スプレーがよいでしょう。香水とはやや趣が異なることになりますが、極めて効果的であり、そして無難でもあります。

 

費用も大したことはないですし、まずは試す価値があります。

 

ワキガはどうして起きるのか

ワキガの原因は実ははっきりとしています。発汗器官が問題であり、これは完全に体質によって違います。

 

汗を出す器官には、二種類あります。一つはエクリン腺であり、これは通常の汗を出しているところです。

 

体温調整をする器官でもあり、緊張した時に出る汗もこのエクリン腺から生じています。
もう一つが、アポクリン腺になります。こちらが基本的にワキガの臭いの原因になります。

 

このアポクリン腺こそが重要であり、体質によってその数が決まってしまいます。つまりは、どうしてもワキガというのは体質で程度が決まるわけです。

 

改善する方法というのは、いくつかありますが抜本的にはまずはその汗腺を切除するしかないです。
実は腋意外にもアポクリン腺はあるのですが、そちらはそこまで極端に強力な臭いを発する可能性は低いです。

 

腋の汗腺を切除すればかなりの確率で改善できるようになります。ですから、最終手段としては切除を考えるべきです。

 

しかし、程度が色々とありますから、そこまでする必要がない人も多いです。日ごろから腋を清潔にすることによって、十分に臭いが発することを防げる場合があります。
定期的に拭き、下着を変えることによって、対策はできます。

 

ワキガ手術前に知りたいことまとめ【完全版】