ワキガの臭いが違う理由と原因はなに?

ワキガ原因

ワキガの臭いははっきりいって、かなり表現が難しいです。人によっては酸っぱい香りということもありますし、硫黄系や魚の臓腑を煮詰めた臭い、と言う人もいます。

 

実は色々と臭いがあるのは、正しい認識なのです。何故かといいますとそれは人によって汗腺の数が違いますし、多くの場合、臭いは雑菌との混合臭であることが殆どだからです。

 

そこが苦しい理由でもあります。つまりは、個人差が物凄く強くあるわけです。体質によって大きく違うわけですから、自分がどんな臭いなのか、というのをまずは知ると良いです。自分の臭いはなかなか判断できないわけですが、とにかくワキガかどうかということくらいは知っておくべきでしょう。

 

そして、そうであったのであれば対策をします。
いくらか対策をする方法がありますが、一つは食生活を見直すことです。意外と意識していない人が多いですが、食べている物も汗に関係してきます。

 

ワキガ自体は体質ですから、努力でどうにかできるわけではないですが、より酷くなることを避ける方法はいくつもあります。

 

煙草などは最悪であり、ワキガがますます苦しくなります。それは避けるべきであると言えますから、見直すのであれば食生活、禁煙をすることがお勧めできます。

 

ワキガの対策として下着を取り替える

ワキガであることは変えようがないです。確かに手術をする、と言う手もありますが、なかなかハードルが高いです。
ですから、日常的に出来ることをよくよく知っておいてしっかりと実行するとよいでしょう。

 

その一つに下着を取り替える、と言うのがあります。当たり前ですが、腋から臭うからワキガというわけですが、これは下着に臭いが染み付く、ということもあります。
汗自体の臭いがないわけではないですが、腋毛とシャツの腋の部分の手入れをするべきです。

 

そうすればかなり臭いをかなり抑えることができるようになります。
下着は気になるのであれば黒がよいでしょう。ワキガの人はわかるでしょうが、腋の部分が黄ばむからです。それを隠すためにも黒がよいといえます。

 

但し、常にわかり易くするために白にする、という手もあります。黄色くなってきたら、シャツは捨てます。
そうすれば常に綺麗なものを着ようとする意識を強く持てるようになります。シャツとは言え、一日に何回も取り替えることは非常に大変です。

 

しかし、それができれば最高ではあります。どうしてもできないのであれば腋パットでもよいですし、そんな時間もないのであれば時間があれば腋を拭くことを意識しておくとよいでしょう。

 

ワキガ手術前に知りたいことまとめ【完全版】